手荒れ対策ガイド TOP >> 手荒れの予防と対策 ハンドケア

ハンドケア

手荒れが起こってしまったら、保湿クリームを塗ったり、マッサージを行ってハンドケアを心がけましょう。日頃からハンドケアの習慣を身につけておくことは、手荒れの予防にもつながります。ただし、ひび割れなどが生じている場合には、自己流のハンドケアをしないで専門医を受診しましょう。

手は、日常的に動かす部分で、いろいろなものに触れる機会が多いため、筋肉が常に疲労しています。ハンドケアは疲労の回復や血行の促進にとても有効な方法です。日頃からハンドケアを行うことで保湿を心がけて、健康的な手の状態を保つように心がけましょう。

ハンドケアはマッサージと手袋やラップによる手の保護があります。マッサージでハンドケアする方法は、手が清潔な状態で、保湿クリームまたはハンドクリームを手全体に塗り込んで、手の甲でらせんを描くようなマッサージをします。その後、指の付け根を押すように刺激を与え、指の付け根から指先へとらせんを描くようにマッサージをしましょう。

手袋やラップによるハンドケアは就寝前に行うとよいでしょう。手にたっぷりの保湿クリームまたはハンドクリームを塗って、木綿などの天然素材の手袋をはめるだけです。ラップを使用する場合は、ラップを適当な大きさに切って、手を包んだまま10分間パックしてください。ラップの保温効果で手の血流が良くなり保湿効果が期待できます。

たった1度のハンドケアで手荒れを改善させるのは難しいものです。ハンドケアを常に習慣にして根気強く続けていくと効果が現れるでしょう。

手荒れの予防と対策


http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!