手荒れ対策ガイド TOP >> 手荒れの予防と対策 液体ソープ

液体ソープ

現在最も多く販売されている液体ソープは、殺菌力に優れています。また、液体ソープは肌への刺激も強いものが多く、液体ソープを使用されている場合は、手荒れ対策という視点から見ればあまり適していません。天然物の石鹸などを用いるといいでしょう。

石鹸には固形のものと液体のものがあります。手荒れ対策のために液体ソープを見直す場合には、なるべく肌に刺激を与えない敏感肌用の固形石鹸に変えることをおすすめします。敏感肌用の固形石鹸は、失ってしまった皮膚の水分量を早めに回復させてくれるので、皮膚への刺激が最小限に抑えられます。このように手荒れ対策に取り組むのであれば、日頃から使用している液体ソープを見直すことが重要となります。

また洗剤やシャンプー、リンスなどを見直すこともとても大切です。石油系の界面活性剤を主成分としている洗剤やこれを含むものを使用することをやめて、植物性のものや無添加のものに変えてみるといいでしょう。

経皮有の原因となる有害化学物質を多く含んで危険性が高いのは台所用洗剤よりシャンプーやリンスがあげられます。シャンプーやリンスには有害化学物質に加えて環境ホルモン物質が混入されています。頭皮は角質層が薄いので経皮毒を吸収しやいのに加えて、入浴時は皮膚の表面温度が高い状態なので、経皮毒が体内で蓄積されるのが早められてしまうのです。シャンプーやリンスを変えただけで症状が和らぐ場合もあるようです。

このように手荒れの原因となるものを少しずつ見直していくことで、手荒れの予防と対策になっていくのです。

手荒れの予防と対策