手荒れ対策ガイド TOP >> 主婦湿疹 主婦湿疹の対策

主婦湿疹の対策

主婦湿疹の日常的な対策に綿手袋はとても役立つものです。日常の様々な場面で綿手袋を使い分けて手の保護や保湿に努めましょう。

・水仕事の時
炊事用手袋の下にはめると、手汗が吸収されてムレを防ぐことができます。こまめに取り換えて毎日清潔なものを使用しましょう。

・洗濯物をたたむ時
手がかさかさの状態で洗濯物をたたむと、手の脂分が取られて、また繊維によって手が擦れてしまい症状が悪化してしまいます。保湿と手の保護を兼ねて、綿手袋を使用して作業することをおすすめします。

・就寝時
就寝時に保湿剤や軟膏を塗った上に綿手袋をはめて寝ることで、手袋がパックのような働きをするので、保湿ケアに大きな効果が期待できます。

・ヘアドライヤーを使用する時
髪を乾かす際に使用するヘアドライヤーによって手は乾燥してしまいます。また患部に髪の毛がひっかかると、痛みや傷を生じることがあります。手指を乾燥やキズから守るために、ヘアドライヤー使用時には綿手袋を活用するとよいでしょう。

・外出の時
紫外線は主婦湿疹の原因になったり、症状を悪化させてしまうものです。外出時や運転時には綿手袋をはめることで、荒れた手肌を紫外線から守ってあげましょう。

また主婦湿疹の対策にはビタミンやたんぱく質の摂取やストレスをためないようにすることも重要です。肉や魚などの動物性たんぱく質や大豆・豆製品などの植物性たんぱく質を、肌に良いビタミンとともにバランスの良く摂取することが大切です。

主婦湿疹は稀にストレスが原因となって症状が悪化することがあります。なるべくストレスを溜めないようにすることも主婦湿疹対策には大切なことです。

主婦湿疹


ランタス 添付文書
ランタスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!