手荒れ対策ガイド TOP >> 主婦湿疹 主婦湿疹とは

主婦湿疹とは

炊事や洗濯、水仕事を繰り返すことによってできる頑固な手あれを主婦湿疹といいます。最近では主婦の女性ばかりでなく、男性や子どもにも増えてきている症状だとされています。

手荒れは手湿疹や進行性指掌角皮症と呼ばれますが、特に家事をすることからなる手湿疹のことを主婦湿疹と呼ぶようです。板前さんなど水仕事が多い男性に起こる手荒れは、単純に手湿疹といいます。

主婦湿疹の特徴は手指に起こり、利き手側に発症しやいことです。生活環境で水仕事が多くなったり、冬場の乾燥する季節に症状の悪化が見られます。主婦湿疹でも何かに接触することで起こり、その接触源が判明した場合は、接触性皮膚炎という診断になります。

主婦湿疹の症状は乾燥型と湿潤型に分けられます。

・乾燥型
利き手側の指から手のひらにかけてカサつきが見られるようになり、指紋が薄くなったり、亀裂が起こって皮膚が硬くなるなどの症状がみられます。かゆみというよりは刺激感による痛みを感じることがあるようです。悪化することで爪が変形したり、指が曲がりずらくなるという症状もみられます。

・湿潤型
手の表面が湿った状態になり、ぶつぶつした湿疹が指や手のひらに出ます。かゆみを伴い、湿疹をかいてしまうとつぶれて悪化してしまいます。刺激性皮膚炎のひとつです。

このような主婦湿疹は水仕事でせっけんや洗剤を使用する機会が多いことからなります。水仕事で手の皮脂バリアが崩れてしまい、そこに洗剤に含まれている合成化学物質の侵入と、摩擦や乾燥といった負荷が加わって、角質が水分保持能力を失って乾燥することで主婦湿疹が引き起こされます。

主婦湿疹


レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!