手荒れ対策ガイド TOP >> 子供の手荒れ 消毒液

消毒液の種類

子供は、消毒液によって手荒れが酷くなる場合があります。保育園や小学校などで、ご飯を食べる前や外で遊んだ後に消毒液を用いて手を洗わせることにより、肌に刺激を与えすぎて肌荒れが起こる可能性があるのです。

子供の手荒れ予防のひとつに殺菌力が強いハンドソープを使用するのを避けるというものがあります。殺菌力が強いと皮脂だけでなくさらに細胞間脂質まで洗い流してしまうことになります。消毒液は殺菌力が強いものなので、同じような状態になって手荒れが引き起こされたり、症状を悪化させる原因になってしまいます。

インフルエンザが流行る時期には、手洗いの徹底が呼びかけられて殺菌力の強いハンドソープなどが販売されます。そしてそれを使用して頻繁な手洗いをした結果、手荒れが起こってしまったという子供も多いようです。

子供の手荒れは集団生活の中で消毒液で手を洗うようになって、それが原因となって症状を悪化させることがあります。消毒液はアトピー体質の子供の症状を悪化させてしまいます。アトピー体質の子供は他の子供よりも皮脂量が少なく、さらに手洗いの回数が増えてしまうことで手荒れを引き起こしてしまうのです。

また、子供が自分で手洗いを行うと、すすぎが不十分なことが多くなり、それが原因で手荒れを引き起こすことがあります。すすぎが不十分なことで手に残ってしまった洗剤成分が手荒れの原因となります。手洗いした後にかゆみなどを訴える場合は、すすぎが不十分な可能性がありますので疑ってみるとよいでしょう。

子供の手荒れ


ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/