手荒れ対策ガイド TOP >> 子供の手荒れ 乾燥肌と手荒れ

乾燥肌と手荒れ

すべすべで潤いのある印象の子供でも乾燥肌になります。特に赤ちゃんの皮脂分泌量は高齢者よりも少なく、その後小学生くらいまでは大人よりも皮脂分泌量が少ないのです。このことから子供の乾燥肌は珍しいことではありません。

皮脂の分泌量が少ない時期の子供では、皮膚が薄い部分であるひじや膝などが乾燥して、白くかさついてしまうことがあります。それを放置してしまうと、ひび割れが生じて、肌のバリア機能の低下によって雑菌や細菌、アトピーなどのアレルギー物質が侵入しやすい状態になってしまいます。

また子供の手荒れもあります。子供の乾燥肌は珍しいことではないので、手荒れを引き起こすことも勿論あります。しかし、大人と子供の手荒れは原因が少し異なるようです。大人の手荒れは、肌の乾燥などでバリア機能の低下が見られる状態で、洗剤や水などの刺激物質に接触することが原因となります。

これに対して子供の手荒れは、外で遊ぶ機会が増えることによって様々な外部の刺激に接することが原因となります。汗とドロにまみれて遊ぶなどの外的環境が原因で、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

子供の乾燥肌、手荒れ対策には、親が日頃から子供の肌をきちんと見てあげて、様々な工夫をしていくことが大切です。暖房の長時間使用を避けて、なるべく部屋の湿度を一定に保つこと。入浴後に、肌が乾燥しやすい部分の保湿ケアを行うこと。その日の汚れはその日のうちに、しっかりと親が洗い流してあげること。身につける衣類を、水分を多く含む綿生地のものを選んであげることなどです。

子供の手荒れ


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!