手荒れ対策ガイド TOP >> 手荒れの基本 経皮毒

経皮毒

手荒れの原因として、その一つに経皮毒と呼ばれるものがあります。経皮毒とは、体内に侵入してくる有害物質のこと指します。化学物質は普段目に見えない分、注意も散漫になってしまいます。更に、経皮毒性のある日用品を使用したところで、すぐにその影響が出るわけではないので注意が必要です。

経皮毒は体内に侵入する有害物質のことですが、侵入経路には3つが考えられます。ひとつは食べ物と一緒に口から体内へ侵入する経口経路、もう1つは呼吸と一緒に吸い込まれて体内へ侵入する吸入、そしてあとひとつは皮膚から体内へ侵入する経皮経路です。

経口経路の場合は、血液に入るまでの間に肝臓を通過するので、毒素のほとんどは代謝や分解によって約90%は体の外へ排出されるようになります。しかし、経皮経路の場合には毒素は肝臓を通過せずリンパ管や毛細血管へと侵入するので、経皮毒は各組織へと運ばれていき、その一部は皮下に蓄積されてしまいます。この場合、対外へ排出されるのは約10%といわれています。

経皮毒は少しずつ体内へ侵入するものなので、すぐに症状が出るわけではありません。また経皮毒の吸収割合は個人によって異なるもので、年齢や体質や皮膚の状況によって吸収率に大きな差が生じるのです。

有害化学物質は身近なところに多く存在し、台所用洗剤、ボディソープ、シャンプー、化粧品、歯磨き粉など直接触れるものばかりです。これらの使用によって吸収濃度が高い経皮毒が少しずつ体内へ侵入していくことによってアレルギー性の疾患やガン、婦人病などを引き起こすと言われています。

手荒れの基本


アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

省エネ 山形
こちらで

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

那須 ペットホテル
那須のペットホテルなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!