手荒れ対策ガイド TOP >> 手荒れの基本 手袋と手荒れ

手袋と手荒れ

手荒れから手を守るために、水仕事をする時などに手袋を使用することがありますが、手袋の使い方には二つあります。1つはゴム手袋で、手荒れの原因となる水や洗剤から手を守るために使用します。もう1つは、木綿やシルクといった天然素材の手袋で、手荒れに有効な保湿クリームなどを浸透させるために使用します。

・ゴム手袋
水仕事を頻繁におこなったり、洗剤に直接触れたりすることで手荒れを引き起こしてしまいます。家事の際にゴム手袋などを使用することは、手荒れ防止のための一つの方法となります。しかし人によって、ゴム手袋でかぶれを引きおこしてしまう場合があります。古いゴム手袋は、特にかぶれの原因になりますので注意が必要です。このような時にはゴム手袋の中に木綿の手袋をつけるなどの工夫をするとよいでしょう。木綿は自然素材なので肌に優しく通気性もいいので、ゴムによるかぶれを防ぐことができます。医療用によく使用されているポリエステルの手袋もかぶれにくいのでよいでしょう。

・就寝時などに使用する天然素材の手袋
手袋は手荒れの予防や手の保湿のために使用することもできます。特に就寝時の手袋使用は手の保湿に効果的です。就寝前にたっぷりの保湿クリームやハンドクリームを手に塗って、その上に通気性のよい木綿やシルクといった自然素材の手袋をはめて寝ると、手袋がパックのような働きをして、手荒れの予防やケアをすることができます。手に塗る保湿クリームやハンドクリームは、自分の肌に合うもので、できるだけ低刺激で保湿成分が入っているものを使うとよいでしょう。

手荒れの基本


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!