手荒れ対策ガイド TOP >> 手荒れの治療 ステロイド

ステロイド

手荒れの治療にはステロイドと呼ばれる外用剤が多く用いられます。実際に手荒れの治療を病院で受けた際、ステロイドを医師から処方された人もたくさんいらっしゃると思います。それだけこのステロイドは手荒れや、アトピーの治療など皮膚疾患の治療に用いられている薬なのです。

ステロイドは、手荒れを代表とした様々な不快な症状の抑制に高い効果をあらわす薬です。しかしステロイドは、症状の抑制には効果が期待できますが、病気そのものを治すまでには至らない薬です。

ステロイドは副作用があることで問題視されています。症状が抑えられることから、ステロイドに頼り切ってしまうことも問題とされています。ステロイドの副作用には、肌がもともと持っている治癒力を低下させてしまうことがあげられます。

ステロイド剤は様々な種類があり、薬の強さや作用によっていくつかの段階があります。ステロイド軟膏は、副腎機能を低下させるということで問題になっています。副腎機能のひとつに自然治癒力があります。

皮膚の炎症にからアレルギー反応が増加してしまいますが、副腎から分泌されるステロイドホルモンによってこの炎症が抑えられます。しかし手荒れ治療やアトピー治療でステロイド軟膏を長期の間継続して使用すると、副腎機能を低下とともに身体がもともと持っている自然治癒力も低下してしまいます。

しかしステロイド軟膏を中止してしまうと、症状が更に悪化することになるので、症状が改善されてもステロイドを手放すことができない人が多いようです。医師による指示を守って使用して、ステロイドと上手に付き合っていくことが大切です。

手荒れの治療